このページは動画作成のための、パソコンを使った少々マニアックな内容です。

 田川レコードコンサートのWebページには、コンサートを運営する必要から生じたツールのページがあります。
演奏時間計算  ・Google 国別検索
などがそうですが、このページも動画作成のテクニックとして必要なページです。動画編集ソフト AviUtl をお使いの方にもご利用いただければと思います。

aviutlに 多数の画像を
一気に取り込むexoファイルを作る

 exoファイルとは:AviUtl の拡張編集で、タイムラインを右クリックで、ファイル⇒オブジェクトファイルのエクスポート を選択して、現在作業中のシーンのオブジェクトを保管することが出来ます。ファイルタイプはexoです。このファイルは、別のAviUtlに D&Dで、取り込むことも出来ます。従って、AviUtlのプロジェクトファイル同士を結合することもexoファイルを使って可能です。そして中味はテキストファイルです。

 このファイルを AviUtl に頼らずに作って、AviUtlに D&D で、大量の画像を楽に読み込もうというのが、このページの趣旨です。

 大量の画像で動画を作るのではなく、背景画像用に取り込むことを想定しています。一応、1300枚まで試しています。

 このため、
1.画像フォルダの位置情報
2.画像のファイル名を列挙したテキスト
の2つが必要です。

 このページのやり方の長所は、

  • 1.ファイル名もファイルタイプもバラバラで大丈夫(連番にする必要がない)
  • 2.画像と画像の間隔を調整できる
  • 3.拡大率や、透明率を調節できる
などです。

 画像ファイル名のテキストが用意できている方は、次のページで機能をお確かめ下さい。

⇒では、exoファイル作成、本番行きます
クリック!


ファイル名のテキストを作る

 ファイル名のテキストファイルの作り方が分からない方は、以下にお付き合い下さい。フォルダ内にある画像のファイル名を取得する方法です。ファイル名取得.bat という小さなファイルを作って、それを起動することで、フォルダ内の全てのファイルのファイル名が、クリップボードにテキストで入ります。

ファイル名取得.bat ファイルを作る

  1. 新規テキストを作る:まず、フォルダ内の何もないところを、右クリックして⇒新規作成から⇒テキスト文書 を選択。テキスト文書のファイル名を、ファイル名取得.batとします。(もちろんファイルタイプが大事で、ファイル名は何でもいいのです。)
  2. コマンドを書き込む:ファイル名取得.batを右クリックして⇒「編集」を選択。次の12文字を書き込み(コピーでいいです)、
    dir /b |clip
    保存し、終了します。
  3. クリップボードにファイル名を入れる:画像があるフォルダにファイル名取得.bat を移し、ダブルクリックして(この時クリップボードにファイル名が入っています)、テキストエディタや、ワープロにペーストしてお確かめ下さい。
  4. エディタやワープロ上で、ファイル名のうち、画像ファイルではない行は全て削除して、再びコピーし、このページの「ファイル名一覧」のテキストフィールドにペーストして下さい。

 これで、コマンドdir /b |clipが入ったファイル名取得.batが出来ました。このファイル、または手法は、様々なところで役に立ちます。




改良型もあります。

 少し寄り道ですが、上記の ファイル名取得.bat には、欠点もあります。それは、「全てのファイル」を取り込んでいるので、クリップボードの結果に、余計なファイルも混じり込み、上記 4.で示した、余計なファイルを削除する作業が必要です。

  jpg や png に的を絞った方が現実的で、使いやすそうです。その場合は、
dir *.jpg /b |clipまたは
dir *.png /b |clip       さらに、
dir *.jpg *.png /b |clip
と重ねてもいいようです。

dirはフォルダの情報を表示するWindows(MS-DOS)コマンド、
/bは、表示をファイル名にだけにする
|clipは結果をクリップボードに送る オプションです。

 クリップボードではなく、テキストファイルにしたい方は
dir *.jpg /b >aa.txt で、同じ内容のaa.txt ファイルが同じルートに作成されます。