画像読み込み中
しばらくお待ち下さい
田川レコードコンサート・タイトルの背景
田川レコードコンサート

ホームへ

コンサートはどなたも参加できます

このページは動画作成のための、パソコンを使った少々マニアックな内容です。

 田川レコードコンサートのWebページには、コンサートを運営する必要から生じたツールのページがあります。
演奏時間計算  ・Google 国別検索
などがそうですが、このページも動画作成のテクニックとして必要なページです。動画編集ソフト AviUtl をお使いの方にご利用いただければと思います。

動画編集ソフトAviUtl に
複数の画像を一気に取り込むexoファイルを作る 1

exoファイルとは

AviUtl の拡張編集で、タイムラインを右クリック ⇒ファイル⇒オブジェクトファイルのエクスポート を選択して、現在作業中のシーンのオブジェクトを保存することが出来ます。ファイルタイプはexoです。

このファイルは、別のAviUtl に D&Dで取り込むことが出来ます。AviUtl のプロジェクトファイル.aup 同士を直接結合することは出来ませんが、exoファイルを使えば可能になります。そして中味はテキストファイルです。

このファイルを AviUtl に頼らずに作って、AviUtlに D&D で、大量の画像を楽に読み込もうというのが、このページの趣旨です。

このページの長所

このページのやり方の長所は、
  • 画像のファイル名もファイルタイプもバラバラでOK(連番にする必要がない)
  • 画像の表示時間や画像の間隔を調整できる
  • 拡大率や、透明率を調節できる
などです。

詳しい方は「自由入力」で必要な項目を追加して下さい。

入力したデータは全ての画像に適用されます。

画像を任意の順序にしたい場合は、画像のファイル名を列挙したテキストの段階で順序を変更しておきます。

必要なもの

大量の画像で動画を作るというより、スライドショーや、背景画像用に取り込むことを想定しています。一応、1300枚まで試しています。

 このため、
  • 画像フォルダの位置情報(aupファイルと画像ファイルが同一フォルダの場合、必要ない)
  • 画像のファイル名を列挙したテキスト
の2つが必要です。

画像ファイル名のテキストが用意できている方は、次のページで機能をお確かめ下さい。

------------------------------------------------------------


(おまけ)ファイル名のテキストを作る

 画像のファイル名を列挙したテキストの作り方が分からない方は、以下にお付き合い下さい。フォルダ内にある画像のファイル名を取得する方法です。ファイル名取得.bat という小さなファイルを作って、それを起動することで、フォルダ内の全てのファイルのファイル名が、クリップボードにテキストで入ります。

ファイル名取得.bat ファイルを作る

dirはフォルダの情報を表示するWindows(MS-DOS)コマンド、
/bは、表示をファイル名にだけにする
|clipは結果をクリップボードに送る オプションです。

 クリップボードではなく、テキストファイルにしたい方は
dir *.jpg /b >aa.txt で、同じ内容のaa.txt ファイルが同じルートに作成されます。