AviUtl に 複数の画像を
一気に取り込むexoファイルを作る 2

「1.画像ファイル名一覧」に入力されたファイルの数だけループしながら、「2.調整したいデータを入力」の表右(書きかえるところ)の数値で埋めてexoデータを作ります。

画像フォルダのパスと、ファイル名のみ正確に記入すると、後は初期値で作成できます。


1.画像ファイル名一覧

2.調整したいデータを入力

exoファイルの画像一枚分のデータと初期値 書きかえるところ
1枚の映写時間など
[0]
start=1
end=501
layer=1
overlay=1
camera=0
  • start=
  • end=
  • layer=
  • overlay=
  • camera=
  • 画像と画像の間隔=
  • start=1 初期値1は、ドロップした位置に表示される
  • end=映写する時間をフレームの数で記入。初期値の500は、24fpsで約20秒ほど
  • Layer=初期値1は、ドロップしたレイヤーに表示される
  • 画像と画像の間隔=フレームの数で記入、このページのオリジナル♪
パスとファイル名
[0.0]
_name=画像ファイル
file=画像フォルダ\画像ファイル.jpg

画像が入っているフォルダのパス(\まで記入)

aupファイルと画像が同一フォルダにある場合は、記入しない。
ファイル名は「1.画像フィル名一覧」にペーストで入力。
その他(任意)
[0.1]
_name=標準描画
X=0.0
Y=0.0
Z=0.0
拡大率=100.00
透明度=0.0
回転=0.00
blend=0
  • X=
  • Y=
  • Z=
  • 拡大率=
  • 透明度=
  • 回転=
  • blend=

自由入力(詳しい方は項目を自由に追加して下さい)




ご説明

参考 画像フォルダ

aupのフォルダをバックアップ等で移動した時、aupファイルと画像ファイルのフォルファが異なる場合は、デフォルトでは、ドライブレターからの絶対パスの記述通りの環境が再現されないと、aupファイルも再現されません。その場合、AviUtlは同じフォルダ内でファイルを探しますので、aupファイルと画像ファイルが同一フォルダ内にあるのが無難です。大きなプロジェクトの場合、無理がありそうですが…………。

-----------------

画像フォルダが img にある場合は「画像が入っているフォルダのパス」は相対パスで img\ となる。aupファイルと同一フォルダの画像の場合(AA.jpg BB.jpg CC.jpg )は、記入しない。


「画像と画像の間隔」について

exoファイルには「画像と画像の間隔」と言う項目はありませんが、
start + end(表示時間) + 「画像と画像の間隔」 で、次の画像の start の値を決定します。


うまく行かない場合

うまく行かない場合は、全てを初期値にして、画像が入っているフォルダのパスと、ファイル名が正確であることをご確認下さい。(特に\の有無)

.exo ファイルの文字コードが、SHIFT-JIS になっているか、ご確認下さい。

いずれも作者がうまくいかずに、戸惑ったものです。