画家の部屋

自画像 1910年

ルノワールの部屋

Pierre-Auguste Renoir
(1841年2月25日 - 1919年12月3日)

ピエール=オギュースト・ルノワールは,初期には印象派の画家として活躍しましたが、後に古典の研究を深め、作風も次第に変化して、「ポスト印象派の画家」と呼ばれることもあります。晩年の豊満な裸婦像や人物画が特に親しまれています。

1864年
ロメーヌ・ラコー嬢
1867年
バジール作 ルノワールの肖像
1870年
浴女とグリフォンテリア
1874年
桟敷
1875年
陽光を浴びる裸婦
1876年
ムーラン・ド・ラ・ギャレット
1876年
ぶらんこ
1878年
シャルパンティエ夫人と子どもたち
1880年
イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢
1881年
舟遊びをする人々の昼食
1881年
二人の姉妹(テラスにて)
1883年
ブージヴァルのダンス
1883年
都会のダンス
1887年
浴女たち
1892年
1892年
ピアノに寄る少女たち
1895年
長い髪の浴女
1895年
泉による女
1897年
眠る浴女
1910年
水浴の女たち