画家の部屋

ミレーの部屋

Jean-François Millet
(1814年10月4日 - 1875年1月20日)

ジャン=フランソワ・ミレーは19世紀中庸から活躍した「バルビゾン派」の画家。事物を理想化して描き出すことを旨とした伝統的な絵画スタイルに対して、農民や市井の人々の営みをありのままの姿で描き出しました。キリスト教による宗教的寓意が折り込まれているのも、ミレー作品の特徴です。

1841年
Portrait of Louis-Alexandre Marolles
1470
2000
2000
1
1850年
The Sower
821
2000
1010
1.980198019802
1851-53年
Going to Work
2090
2000
2485
0.80482897384306
1854年
Woman Baking Bread
2024
2000
2435
0.82135523613963


1799
1799
1486
1.2106325706595
1856年
Shepherdess Seated on a Rock
3003
2000
3807
0.52534804307854
1857-59年
The Angelus
4000
4000
3325
1.203007518797
1857年
The Gleaners
4000
4000
2992
1.3368983957219
1860
Bringing home the calf born in the fields
2000
2000
1619
1.2353304508956
1860年s
Shepherd Tending His Flock early
4000
4000
3242
1.2338062924121
1861年
Potato Planters
4000
4000
3275
1.2213740458015
1863年
The Goose Girl
1799
1799
1473
1.2213170400543
1874年
Hunting Birds at Night
1500
1500
1175
1.2765957446809

The_Sheepfold_Moonlight
4000
4000
2876
1.3908205841446