画像読み込み中
しばらくお待ち下さい

画家の部屋

自画像 1878年

ギヨマンの部屋

Jean-Baptiste Armand Guillaumin
(1841年2月16日 - 1927年6月26日)

アルマン・ギヨマンは、早くからセザンヌ、ピサロらと知り合い、独特の色使いの力強い作品を多数残していますが、絵が売れず、鉄道やパリ市の土木課(夜の勤務で、日中に制作できる)に勤務するなど、二足のわらじで画業に励みました。しかし1891年、50才の時に宝くじ(10万フラン)に当選。以後、仕事を辞めて画業に専念したと言うことです。

1867年
The Seine
1870年
Armand Guillaumin porträtiert von Édouard Manet
1870年
Landscape
1872年
静物-花、陶器、書物
1873年
『イブリーの落陽』
1873年
Hohlweg im Schnee
1873年
パリ郊外
1873年
ラベ河岸
1874年頃
アルクイユの水道橋とソー鉄道
1874年頃
パリに流れるセーヌ川(ベルシー河岸)
1875年
『ヴァリュベール広場』
1877年
裸婦
1878年
Pont Mary
1878年
Self-Portrait
1880年
Vue de Port
1885年
Epinay-sur-Orge
1885年頃
釣り人たち
1890-1895c年
The Haystacks
1890c年
River Scene
1895年
Gebirgige Landschaft
1895年
Snowy landscape in Crozant
1895年
アゲーの眺め
1897年
Landscape with Ruins
1901c年
Agay
1904年
Kanaal in Holland
1904年
Moulins en Hollande
View of the Seine
Paris

Notre-Dame de Paris