画家の部屋

コローの部屋

Jean-Baptiste Camille Corot
(1796年7月17日 - 1875年2月22日)

 ジャン=バティスト・カミーユ・コローは画家への修行の始まりが26才と遅かったにもかかわらず、数年後からは官展(サロン)には積極的に出品し、20年後には、彼自身が審査員になっています。伝統的に軽んじられる傾向にあった風景画を多く残し、次代への橋渡し役となりました。特に修作における構図や陽光の扱いなど、後世の画家が影響を受けることが大きかったそうです。


1825–1828年
La Trinité-des-Monts seen from the Villa Medici
2500
2500
1485
1.6835016835017
1826年
The Bridge at Narni
2500
2500
1726
1.4484356894554
1830年
View of the Forest of Fontainebleau
2500
2500
1808
1.3827433628319
1835年
Venise La Piazzetta
2158
2158
1444
1.494459833795
1850/1855年
Monk Reading Book
665
2000
800
2.5
1851-1873年
St Sebastian Succoured by Holy Women between
1169
2000
1800
1.1111111111111
1864年
モルトフォンテーヌの思い出 
2500
2500
1867
1.3390465988216
1867年
Ville d'Avray
2500
2500
1879
1.3304949441192
1868–70年
Woman with a Pearl
782
2000
1107
1.806684733514
1869/1870年
A Woman Reading
1747
2000
2500
0.8
1873-1874年
The Little Bird Nesters
1666
2000
2500
0.8
1873年
Bornova İzmir
1132
1132
837
1.352449223417

ナポリの浜の思い出
290
2000
600
3.3333333333333

青い服の婦人
1507
2000
2500
0.8