画家の部屋

セザンヌの部屋

PAUL CEZANNE
( 1839年1月19日 - 1906年10月23日)

ポール・セザンヌは,初期には印象派の画家として活躍しましたが、物の形のとらえ方などに独自の様式を探求し、その画業は、20世紀の画家たちに大きな影響を与え、「近代絵画の父」とも呼ばれています。 セザンヌの作品一覧

1860年
1860年
1860年
1860年
1866年
レヴェヌマン」紙を読む画家の父
1867年
略奪
1868年
アシル・アンプレールの肖像
1869-70s年
ピアノを弾く若い娘
1870-70s年
草上の昼食
1870年
饗宴
1870年
田園詩
1870年
聖アントワーヌの誘惑
1872-73年
オーヴェルの首吊りの家
1873年
モデルヌ・オランピア
1875-77年
女性水浴図
1876-77年
休息する水浴者(男性水浴)
1877年
赤い肘掛け椅子のセザンヌ夫人
1877年
肘掛け椅子に座るヴィクトール・ショケ
1879-80年
マンシーの橋
1879-81年
メダンの館
1879-82年
3人の浴女
1879-82年
果物入れ、グラス、りんご
1880-81年
オリーヴ色の壁紙の自画像
1885年
女性水浴図(5人の浴女)
1887年
大きな松のあるサント=ヴィクトワール山
1888-90年
静物
1888-90年
赤い服を着たセザンヌ夫人
1890-92年
カード遊びをする人々
1890-94年
ドラクロワ礼賛図
1890-94年
リンゴの籠のある静物
1892-93年
カード遊びをする人々
1892-94年
男性水浴図
1892年
椅子に座った農夫
/1893-94年
リンゴの籠のある静物
1893-95年
黄色い椅子のセザンヌ夫人
1895-1900年
骸骨のある静物
1895-1900年
リンゴとオレンジのある静物
1896-97年
ジョワシャン・ガスケの肖像
1896年
アヌシー湖
1898-1905年
大水浴図
1901年
『積み重ねた骸骨
1904-06年
サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール
1904年
サント=ヴィクトワール山
1906年
大水浴図
1906年
庭師ヴァリエ

アンブロワーズ・ヴォラールの肖像