画像読み込み中
しばらくお待ち下さい

画家の部屋

1865–1866
自画像

バジールの部屋

ean Frédéric Bazille
(1841年12月6日 – 1870年11月28日)

フレデリック・バジールは医学の勉学のためにパリを訪れましたが、印象派絵画に引き寄せられ、絵画の勉強も始めました。裕福で気前の良い性格で、困っている画家達にアトリエを貸したり、経済的に助けるなどしつつ画業に励んでいましたが、1870年の普仏戦争のおり、出征して28才で戦死してしまいました。


1864年
ピンクのドレス(キャステルノー=ル=レズの眺め)
1865年
シャイイ風景
1865年
ファステンバーグ通りのアトリエ
1865年
病床のモネ
1866-67c年
Nature morte avec du poissonStill life with fish
1866-67年
庭師の少年
1867-1868年
自画像
1867c年
Family Reunion
1867年
Aigues-Mortes
1867年
Nature morte au héron
1867年
ルノアールの肖像
1867年頃
家族の集い
1868年
Fisherman with a Net
1868年
Flowers
1868年
Portrait of Paul Verlaine
1868年
村の眺め
1869年
Portrait of Edmond Maître
1869年
夏の光景
1870年
お化粧部屋
1870年
フレデリック・バジール バジールのアトリエ、ラ・コンダミンヌ通り
1870年
レズ近辺の景色

Pierre-Auguste RenoirFrederic Bazille painting The Heron

Self Portrait unknown date